(投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

3/30・メディアから!!

  • YAMATO
  • 2017/03/30 (Thu) 20:44:43
【都内で蜂蜜(推定)を原因としたボツリヌス菌による食中毒が発生しました】離乳前の乳児にはボツリヌス菌の芽胞で汚染されるおそれのある蜂蜜などの食品を与えないで下さい。
 厚生労働省記事
https://twitter.com/Shokuhin_ANZEN/status/842681713998286848



社会保障制度や保険の役割について学ぶことができる「社会保障・保険教育教材」
 少子高齢社会が急速に進む中で社会保障制度を維持するためには、自助・共助・公助の最適な組み合わせが必要です。そこで生命保険協会では、平成29年2月、生徒たちが自助努力で将来に備えることの重要性を学ぶことができるよう、中学校社会科(公民的分野)・高等学校公民科向けの社会保障・保険教育教材を作成しました。本教材は、中学校・高等学校の教師や文部科学省・厚生労働省のご意見を伺いながら作成したものです。
 JIJIcom記事
 http://es.jiji.com/material/seiho/



厚生年金未加入、「負担困難」6割/厚労省調査
 従業員に資格があるのに厚生年金に入れていない事業所の6割が「保険料の負担が困難」を理由にしていることが、厚生労働省の実態調査で29日、明らかになった。こうした「加入逃れ」を防ぐため、厚労省は加入指導を強化していく。
 朝日新聞記事
http://www.asahi.com/articles/ASK3Z2HPBK3ZUBQU005.html?iref=com_apitop



成人以降に発達障害と診断された人へのサポートは進んでいない?
LITALICOはこのほど、「自身や子どもの発達障害に関する意識調査」の結果を発表した。同調査は3月7日〜15日、発達障害当事者(10代〜60代以上)101名、発達障害の子ども(0歳〜13歳以上)をもつ保護者788名を対象にインターネットで実施したもの。
 マイナビニュース記事
 http://news.mynavi.jp/news/2017/03/30/098/



自閉症への理解高めて 少年の自立描いた米映画 4月公開
 自閉症の子が、ディズニーアニメを足掛かりに、コミュニケーションの力を伸ばし、自立へ歩んでいく姿を描いた米国のドキュメンタリー映画「ぼくと魔法の言葉たち」(ロジャー・ロス・ウィリアムズ監督)が各国で話題を呼んでいる。日本でも4月から東京、名古屋などで公開される予定で、支援者たちは「自閉症への理解と共感を高める作品」と期待している。
 中日新聞記事
http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20170328163040990



障害福祉職員の平均月給、前年より1万3千円アップ
 政府による処遇改善策の対象となっている障害福祉サービス事業所で働く障害福祉職員の平均月給は、2016年9月時点で29万7069円で、前年より1万3807円増えた。
 朝日新聞記事
http://www.asahi.com/articles/ASK3Z56HYK3ZUTFK015.html?iref=comtop_list_api_n02

3/29・メディアから!!

  • YAMATO
  • 2017/03/29 (Wed) 20:19:41
成人発達障害者が就労移行支援事業所の見学に行った体験談
就労移行支援事業所とは、障害者の一般企業への就労を支援する機関のことです。
今回は、発達障害者である私がある就労移行支援事業所の見学に行ったときの体験談を紹介します。
 DECOBOCOナビ記事
https://decoboco.jp/contents/13



「教科『道徳』初めての教科書検定」(時論公論)
早川 信夫 解説委員
 来年春から小学校で新たに教科としてスタートする道徳の初めての教科書検定が終わり、きょう(24日)その内容が明らかになりました。どんな教科書ができたのでしょうか。その特徴と検定で議論になったポイント、そこから浮かび上がった課題について考えます。
 NHK解説委員室記事
 http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/100/265949.html



埼玉・川口市が夜間中学を開校へ 平成31年度に 広域から生徒受け入れ、日本語教室など外国人にも対応
 川口市は外国人や中学校に通っていない未就学者らを対象に、埼玉県内初の公立夜間中学校を設置することを決めた。生徒は市内居住だけでなく、市外からも広域的に受け入れる。市は県教育委員会と連携し、希望者などのニーズを把握した上、カリキュラムなどを決め、平成31年度の開校を目指す。
 産経ニュース記事
 http://www.sankei.com/life/news/170329/lif1703290050-n1.html



保育士らの相談、8割強で労基法違反の疑い 労組発表
 保育士らでつくる労働組合「介護・保育ユニオン」は28日、昨年6月の結成から約9カ月間で寄せられた保育関係の相談145件のうち、8割強の119件で労働基準法違反の疑いがあると発表した。
 朝日新聞記事
http://www.asahi.com/articles/ASK3X4WJDK3XUTFK00H.html?iref=comtop_list_lif_n01



思春期の睡眠と発達障害
内田 直/早稲田大学スポーツ科学学術院教授
 2003年4月からこれまで私は、スポーツ科学学術院にて学生教育に携わってきました。私自身は精神科医ですのでスポーツ科学の教育だけでなく、学生のメンタルヘルスにも関わってきました。また研究的には睡眠科学を専門としており、学生の睡眠についても興味をもち、教育でもグローバルエディケーションセンターにて、「睡眠の医学」とその英語版での「Mystery of Sleep」を開講していました。そういった中で、多くの大学生が学生として過ごす18歳から22歳(大学院では、27歳くらいまで)の時期の睡眠について、学生との関わりから多くの事を考えました。それをここにまとめてみたいと思います。
 オピニオン記事
http://www.yomiuri.co.jp/adv/wol/opinion/science_170327.html



幼児教育の無償化を…「こども保険」創設を提言へ(2017/03/29 10:30)
 自民党の小泉農林部会長ら若手議員で作る委員会は、教育の無償化など子育て世代の負担を軽減するため、新たに「こども保険」の創設を提言することが分かりました。
 こども保険は社会保険料に上乗せして徴収し、小学校入学前の子どもを対象に幼児教育・保育の無償化を目指します。上乗せ分の保険料は当面、0.1%とする方針で、将来的には0.5%にして1.7兆円規模の財源を確保したいとしています。
 テレ朝ニュース記事
 http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000097452.html



厳しい雇用環境、学校で必要な備えは?
 大手企業で新入社員が過労により自殺するなど、厳しい雇用環境が問題となっています。もはや単純に「よい大学から、よい企業へ」と言っていられる時代ではないことは、保護者の方々が実感していることではないでしょうか。
 産経ニュース記事
 http://www.sankei.com/life/news/170329/lif1703290051-n1.html

3/28・メディアから!!

  • YAMATO
  • 2017/03/28 (Tue) 19:54:12
発達障害の子らへ教員配置を手厚く 改正義務教育標準法成立
 発達障害のある子らが一部の授業を別室で受ける「通級指導」など、特別な指導が必要な子どもへの教員配置を手厚くする改正義務教育標準法が27日、参院本会議で全会一致で可決、成立した。4月に施行される。
教員全体でみると、少子化に伴い自動的に教員数を減らす分を除き、2016年度より計868人の増員となる。
 専門医局記事
 https://www.senmon-i.net/topics/detail_2081.html



部活に休日、愛知が義務化 中学は週2日 高校は週1日
 教員の忙しさを解消しようと業務の見直しを進めている愛知県教育委員会は27日、公立の中学・高校での部活動の休養日について基準を決めた。4月から、中学校は平日を含めた週2日、高校は週1日(土日のいずれか)の休みを「必須」とし、事実上義務化した。
 朝日新聞記事
http://www.asahi.com/articles/ASK3W4QQZK3WOIPE009.html?iref=comtop_8_01



要介護3以上の特養待機者、約30万人
厚労省が発表
 特別養護老人ホーム(特養)への入所申し込みをしている人(待機者)の数が、要介護3以上だけで約30万人いることが、厚生労働省の調査で分かった。3年前の同じ調査とくらべて要介護3以上の待機者は約5万人減少したが、その理由について、厚労省は前回調査との集計方法の変更などが影響したと指摘。特養の入所ニーズはいまだに高い状態にある、と分析している。
 CBnews記事
 https://www.cbnews.jp/news/entry/20170327183948



60代夫婦、高校を卒業 2人で総代、放送大学へ
 中卒で働き続けてきた60代の夫婦がこの春、3年間学んだ福岡県立博多青松高校(福岡市)通信制課程の卒業式に臨んだ。そろって総代に選ばれた2人。「命がある限り勉強したい」と4月には夫婦で放送大学に入学し、新たな道へと踏み出す。
 朝日新聞記事
http://www.asahi.com/articles/ASK3P641BK3PTIPE02C.html?iref=comtop_list_edu_n01



来春入学でも…はやランドセル商戦 親同士SNSで拍車
 来年春に小学校に入学する子ども向けのランドセル商戦が、早くも熱を帯びている。これまでは前年の夏から商戦が本格化していたが、人気商品は早くから売り切れるため前倒しされている。子どもの数は減っているが高額品が人気で、各社は新商品を売り込もうと躍起だ。
 朝日新聞記事
http://www.asahi.com/articles/ASK3P55LWK3PULFA00Y.html?iref=comtop_list_edu_n02



65歳問題 高齢障害者に 「障害福祉」が「介護保険」へ 負担増や内容変更の影響も
 ●それぞれの特性理解したサービスを
 障害福祉サービスを受けている障害者は原則、65歳になると介護保険サービスに移行しなければならない。このため、65歳を境に自己負担が増えたり、サービス内容が変わって生活に影響が出たりする「65歳問題」が生じている。折しも、高齢者と障害者を分けずに支える仕組みとして「共生型サービス」の創設が議論されている。高齢者と障害者への福祉サービスは両立できるのか、65歳問題を通して考えてみた。
 西日本新聞記事
https://www.nishinippon.co.jp/feature/life_topics/article/316527



ADHDを障害や病気と診断せず、才能へと導く方法を米の心理学者が発表
ADHD(注意欠陥・多動性障害)は才能のある子供に宿る「ギフト(天賦の才能)」であると発表した米国の心理学者の医学書が2015年7月の発表以来話題となっている。
 SELECT記事
 http://selectaus.com/adhd-is-gift/

3/27・メディアから!!

  • YAMATO
  • 2017/03/27 (Mon) 11:16:58
指導上で感じる困難 「気持ちの切り替えできない」
 全連小(大橋明会長)がまとめた平成28年度の研究紀要によると、通常の学級に在籍している「発達障害のある児童、またはその疑いがある児童」に、指導上感じる困難は、「こだわりが強く、気持ちの切り替えができない」が最多だった。
調査は昨年7〜8月に実施。公立小789校に依頼し、有効回答を得た。
 教育新聞記事
 https://www.kyobun.co.jp/news/20170324_04/



障害者の芸術活動推進 議員連盟が国会に法案提出へ
 障害者による芸術活動を後押しするため、自民・公明両党と民進党の国会議員で作る議員連盟は、国と地方自治体に対し、作品の海外への発信に取り組むことなどを求める議員立法を、今の国会に提出することになりました。
 NHKNEWSE{WEB記事
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170326/k10010924721000.html



総務省 . 視覚障害者へ年金通知音声化 機構に配慮要請
 総務省は、視覚障害者への年金に関する通知書に、スマートフォンや機器で読み取ると音声で内容を聞ける専用コードを付けるよう日本年金機構に要請した。現在は一部を除いてコードの記載はなく、総務省に、視覚障害者から配慮を求める意見が寄せられていた。
 毎日新聞記事
http://mainichi.jp/articles/20170326/ddm/016/010/005000c



「障害」って何? 新たな気づき促す研修、各地に広がる
 「障害」って何? そんな問いかけを通して新たな気づきを促すイギリス発祥の研修がある。「障害平等研修」と呼ばれ、日本でも障害者差別解消法が昨年4月に施行されたのを契機に自治体や大学などを中心に広がっている。
 朝日新聞記事
http://www.asahi.com/articles/ASK3S5QBDK3SOIPE025.html?iref=comtop_list_edu_n01



「教育国債」 新たな財政負担 法改正で対処可能か
 高校や大学の授業料免除といった教育無償化の実現に向け、与野党が教育に関する国債創設の検討を始めた。安倍晋三首相も教育無償化に意欲を示しているが、新たな国債発行は財政負担を伴うだけに、自民党内にも批判がくすぶる。いずれも財務省出身の自民党の鈴木馨祐青年局長と、「こども国債」の発行を主張する民進党の玉木雄一郎幹事長代理に聞いた。
 産経ニュース記事
 http://www.sankei.com/life/news/170326/lif1703260008-n1.html



「休憩できない」 教員の一日
■放置されてきた問題
教員の負担軽減を目指す改革が、国や自治体で進んでいる。文部科学省は14日に、学校教育法施行規則を改正し、部活動の外部指導者を学校職員に位置づけ、単独での大会への引率業務を可能にした。
 BLOGOS記事
 http://blogos.com/article/215546/



脳の老化現象で「てんかん」 50歳以上での発症に注意
記憶力の低下、意識消失 専門医受診を
 けいれんや意識を失うといった発作を繰り返す脳の病気「てんかん」。50歳以上で新たに発症することもあり、病気だと気付かないまま交通事故を起こしたり、記憶力の低下で認知症と間違われたりするケースがある。26日はてんかんを啓発する「パープルデー」。主催団体は、誰もが発症しうることを強調し、病気への理解を求めている。 
 中日新聞記事
http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20170314132415353

3/25・メディアから!!

  • YAMATO
  • 2017/03/25 (Sat) 13:53:47
精神・発達障がい者対応例示集「こんなときどうする?ガイドブック〜職場定着を進めるために〜」の発行
2017年03月23日提供 資料提供
提供機関
提供課等:商工労働部雇用人材局就業支援課   担当/係名:就業支援担当 
電話番号:0857-26-7693  FAX番号:0857-26-8169

内容
県内企業における障がい者雇用を促進するため、職場で働く上で精神・発達障がいのある方にどのような配慮が必要か事例を掲載した、精神・発達障がい者対応例示集「こんなときどうする?ガイドブック〜職場定着を進めるために〜」を作成し、下記のとおり発行しました。
 鳥取県記事
http://db.pref.tottori.jp/pressrelease.nsf/webview/C5A3D1AA5C04F40B492580EA002ACA30?OpenDocument



甲府市、「マイ保健師」4月導入
 甲府市は4月、妊娠期から小学校入学まで継続して子育て相談に応じる「マイ保健師」制度を導入する。保健センター(相生2丁目)内に3日開設する「子育て世代包括支援センター」に約20人を配置し、就学前の全子育て世帯を支援する。
 朝日新聞記事
 http://www.asahi.com/articles/ASK3Q4HW9K3QUZOB008.html



事故多い組み体操の「倒立」 準備練習を十分に
 各地で事故が発生している組み体操の中でも、「ピラミッド」などとともに事故が多いのが「倒立」だ。小、中学校の学習指導要領にも盛り込まれていて、なじみ深いが「段階を経ないと危険」と指摘する専門家もいる。安全性を高めるには、どうしたらいいのか。運動が苦手な記者(37)が、専門家に教えてもらった。(
 中日新聞記事
http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20170324132834140



道徳に初教科書 楽しく普遍的価値を学べ
 小学校の道徳教科書の検定が初めて行われ、内容が公表された。
 合格した民間8社の教科書をみると、思いやりや公共心、生命の尊さなど人々が暮らす上で欠かせない徳目を、子供たちが考えながら学べるよう工夫されている。
 戦後教育でおざなりにされてきたことである。子供たちの心に迫る授業を展開し、教育再生を図ってほしい。
 産経ニュース記事
 http://www.sankei.com/life/news/170325/lif1703250039-n1.html

3/24・メディアから!!

  • YAMATO
  • 2017/03/24 (Fri) 17:01:58
国交省 . エレベーターを障害者優先 マーク設置義務化へ
国土交通省は21日、鉄道駅など全国の旅客施設のエレベーターに、障害者や高齢者が優先利用できることを示す「優先マーク」の設置を義務づける方針を固めた。マークを掲げることで優先順位を強調し、一般客には階段やエスカレーターの利用を促す。
 毎日新聞記事
http://mainichi.jp/articles/20170322/k00/00m/040/154000c



障害児 . 平均賃金で逸失利益 大阪地裁、算定1940万円
 大阪府豊中市で2015年、障害児支援施設からいなくなった重度の知的障害がある男児(当時6歳)が近くの池で遺体で見つかった事故を巡り、遺族が施設の運営会社などに約6500万円の賠償を求めた訴訟は22日、大阪地裁で和解が成立した。山田明裁判長は、男児が将来働いて得られたはずの「逸失利益」について、全労働者の平均賃金に基づき約1940万円と認定。施設側は管理責任を認め、慰謝料も含めて4500万円を支払うことになった。
 毎日新聞記事
http://mainichi.jp/articles/20170322/k00/00e/040/276000c



65歳問題 高齢障害者に 「障害福祉」が「介護保険」へ 負担増や内容変更の影響も
 ●それぞれの特性理解したサービスを
 障害福祉サービスを受けている障害者は原則、65歳になると介護保険サービスに移行しなければならない。このため、65歳を境に自己負担が増えたり、サービス内容が変わって生活に影響が出たりする「65歳問題」が生じている。折しも、高齢者と障害者を分けずに支える仕組みとして「共生型サービス」の創設が議論されている。高齢者と障害者への福祉サービスは両立できるのか、65歳問題を通して考えてみた。
 西日本新聞記事
https://www.nishinippon.co.jp/feature/life_topics/article/316527



小3から増える自転車事故 警察庁が5年間を分析
 交通事故に遭うのは小学1、2年生は歩行中が多く、3年生からは自転車に乗っている時が多くなる――。警察庁が子どもが死傷した事故を調べたところ、こんな傾向が出た。
 朝日新聞記事
http://www.asahi.com/articles/ASK3Q4JXNK3QUTIL02L.html?iref=comtop_list_nat_n01



平成29年4月から重度精神障害(1級)の方もタクシー利用助成・自動車燃料費助成が利用可能になります
 神戸市では、障害者の方の社会参加の促進のため、地下鉄・バス等で利用できる福祉乗車制度と、電車・バスの利用が困難な重度の方を対象としたタクシー利用助成制度、自動車燃料費助成制度を実施しています。重度の障害者の方は、福祉乗車証・タクシー利用助成制度・自動車燃料費助成制度の3つの施策から、用途に応じて選択できますが、その対象者に重度精神障害(1級)が新たに拡充されます。
 神戸新聞記事
http://www.city.kobe.lg.jp/information/press/2017/03/20170323134101.html



子供の3割超が花粉症 食物アレルギーも要注意
 ロート製薬は、約2900人の子供について花粉症の有無を親に聞いたところ、「花粉症だと思う」との回答が31・5%に上ったという調査結果をまとめた。
調査は2016年11月にインターネットで実施し、0〜16歳の子供2935人の実態について親から回答を得た。前回調査に続いて3割を超える高水準。
 産経ニュース記事
 http://www.sankei.com/life/news/170315/lif1703150048-n1.html

3/22・メディアから!!

  • YAMATO
  • 2017/03/22 (Wed) 20:42:02
成人の4人に1人「自殺考えた」 増加傾向 厚労省調査
 成人の4人に1人が自殺したいと考えたことがあることが、厚生労働省の調査で分かった。21日に発表された意識調査で、過去に実施した2008年と12年の調査と比べて増加傾向にある。別の統計によると自殺者数は減っているが、厚労省は自殺に陥るリスクは根強いとみて対策を検討する。
 朝日新聞記事
http://www.asahi.com/articles/ASK3P3QR5K3PUTFK005.html?iref=comtop_list_api_n02



性同一性障害 受診2.2万人…認知広がり3年で7000人増
 心と体の性が一致しない性同一性障害(GID)で医療機関を受診した人は、2015年末までで延べ2万2000人に上ることが、日本精神神経学会の調査で分かった。3年前の調査より約7000人増えた。
 ヨミドクター記事
 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170321-OYTET50053/?catname=news-kaisetsu_news



「子どもの運動能力低下」問題。運動が得意な子の特徴、幼児期にできることは
 近年、問題視されている子どもの体力・運動能力低下の問題。「昔の子どもと比べて、現代の子どもは体力がない」という話を耳にしたしたことはありませんか?今回の記事では子どもの運動能力の実態と、子どもを運動好きにさせるポイントについて考えてみました。
 KIDANA記事
 https://kidsna.com/magazine/playing-play-outside-928



保育所建設反対…不寛容な空気 「地域で子育て」どこへ行った B&G財団専務理事・菅原悟志
 鳴き声やふん、ゴミを荒らすなどの被害により害鳥のイメージが強いカラスだが、「烏(からす)なぜ鳴くの」で始まる詩人、野口雨情作詞の「七つの子」は多くの人に親しまれている童謡である。「烏は山に 可愛(かわい)い七つの 子があるからよ」と続く。
 産経ニュース記事
 http://www.sankei.com/life/news/170322/lif1703220030-n1.html



長女殺害容疑、61歳母親逮捕 「介護に疲れた」と供述
 長女(36)の首を絞めて殺害したとして、福岡県警は21日、北九州市八幡西区則松6丁目、無職木野恵子容疑者(61)を殺人容疑で逮捕し、発表した。容疑を認め「娘に重度の知的障害があり、悩んでいた。介護に疲れた」などと供述しているという。
 朝日新聞記事
 http://www.asahi.com/articles/ASK3P5HZTK3PTIPE01W.html
 

自宅業務で月10万以上稼ぐお仕事!!

  • asd
  • 2017/03/22 (Wed) 01:15:12
自宅業務で月10万以上稼ぐお仕事!!


【募集内容】
自宅でも外でもネットさえできればどこでもお仕事できます!
月5~10万以上稼ぐことも簡単です!
性別・年齢・関係ありません、誰でも可能です!!
作業時間もお好きな時間にどうぞ!

興味がある方々はメールお願いします。
toood_0128@yahoo.co.jp

3/21・メディアから

  • YAMATO
  • 2017/03/21 (Tue) 16:33:07
発達障害者 . 「睡眠に悩み」多く
発達障害がある人たちの多くが睡眠に悩んでいる−−。感覚が過敏になるなどの障害の特性や、日中に感じたストレスが睡眠時に影響し、「眠れない」などの悩みにつながっていることが、東京学芸大の高橋智教授(教育学)の調査で分かった。
 毎日新聞記事
http://mainichi.jp/articles/20170321/ddm/013/040/018000c



認可保育施設、23区の入所倍率1.61倍 依然狭き門
 今年4月からの認可保育施設の入所を申し込んだ0〜2歳児の人数が、東京23区で受け入れ枠を少なくとも約2万人上回ったことが朝日新聞社の調査でわかった。回答した21区の入所倍率は1・61倍。受け皿の整備が進んで前年の1・71倍
 朝日新聞記事
http://www.asahi.com/articles/ASK3H76MPK3HUTFL016.html?iref=com_alist_8_07



子育てと介護費用、同時に直面すると月8万円 民間調査
子育てと親の介護に同時に直面する「ダブルケア」で必要な費用は月平均で8万1848円――。ソニー生命保険がこんな調査結果を発表した。
 朝日新聞記事 
http://www.asahi.com/articles/ASK3K5CVQK3KUTFK010.html?iref=comtop_list_lif_n02



「体は男、心は女性」入学可能に? 日本女子大が検討へ
 日本女子大学(東京都文京区)が、男性の体で生まれたが、女性として生きるトランスジェンダーの学生を受け入れるかどうかの検討を新年度から始める。体の性別を入学の前提にしてきた女子大だが、さまざまな性のあり方への認識が広がる中、生物学的に男性に生まれた人にも門戸を開く可能性が出てきた。
 朝日新聞記事
http://www.asahi.com/articles/ASK355DBXK35USPT00C.html?iref=comtop_list_edu_n02



アルバイトは、トラブルになっても我慢しなきゃいけないの?
正社員と同じ法で守られる
アルバイトは、トラブルになっても我慢しなきゃいけないの?
 春休みや新年度にアルバイトを始める人もいるのではないかな。ただ、意外とトラブルが多いので注意も必要だよ。先日も「急にアルバイトを休んだら罰金」という決まりを作っていたコンビニエンスストアが問題になったよね。
 ヨミドクター記事
 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170313-OYTET50011/?catname=news-kaisetsu_kaisetsu-kikaku_nyaruhodo



園児70人に給食40人分、常態化 定員超過のこども園
 兵庫県姫路市の私立認定こども園「わんずまざー保育園」が定員の約1・5倍の園児を受け入れていた問題で、園が市の定期監査に提出する書類に園児数を定員通りに記入し、定員超過の隠蔽(いんぺい)を図っていたことがわかった。小幡育子園長は20日、朝日新聞などの取材に応じ、「(定員超過が)ばれると認定が取り消されると思った」と答えた。
 朝日新聞記事
http://www.asahi.com/articles/ASK3N44S5K3NPIHB005.html?iref=comtop_list_edu_n01



精神科の隔離、初の1万人突破 平成26年度 厚労省、実態調査へ
 精神科病院で手足をベッドにくくりつけるなどの身体拘束や、施錠された保護室への隔離を受けた入院患者が平成26年度にいずれも過去最多を更新したことが、厚生労働省の集計で分かった。隔離は調査が始まった10年度以来、初めて1万人を突破した。
 産経ニュース記事
 http://www.sankei.com/life/news/170321/lif1703210018-n1.html

3/19・メディアから!!

  • YAMATO
  • 2017/03/19 (Sun) 20:41:50
「中学生以降はお金が飛んで行く?」疑問への答えが切実 「小学生までは体力が必要。中学以降は、お金が必要」
 受験シーズンもピークを過ぎ、入学金などの準備に追われるご家庭も多いことだろう。とかく「子どもの教育にはお金がかかる」イメージがつきまとうが、3月6日、ガールズちゃんねるで、それを問う人がいた。
 来年から子供が中学生になるというトピ主は、「『中学生以降はお金が飛んでいく』と言いますが、実際どのくらい年間経費はアップしましたか?」と質問している。
 BLOGOS記事 
 http://blogos.com/outline/214587/



いじめ防止の基本方針改定 組織的で迅速な対応求める
文科省は3月16日、いじめ防止のための基本的な方針を改定し、いじめの重大事態の調査に関するガイドラインを策定した。改定された方針では、全教職員体制でのいじめ対策を認知させる点や、子供からの相談に速やかに対応する組織的な取り組みなどを示した。東日本大震災の原発事故で避難中の児童生徒や発達障害、外国人、性同一性障害などの子供たちへの配慮も盛り込んでいる。
 教育新聞記事
 https://www.kyobun.co.jp/news/20170317_02/



「農福連携」浜松に視察相次ぐ 障害者の法定雇用率増へ対応
 農業の担い手不足解消と障害者雇用促進を図る「農福連携」で、浜松市を拠点に農業を請け負う特例子会社「ひなり」が注目を集めている。障害者の法定雇用率は2018年4月に増率改定される見通しで、障害者の職域開拓は企業経営者にとって重要課題。同社の取り組みは通年で農作業ができる県西部の地の利を生かした農福連携で、県内外から関係者の視察が相次ぐ。
 静岡新聞記事
http://www.at-s.com/news/article/topics/shizuoka/340185.html



居眠りする生徒が悪いのか、単調な授業が悪いのか 3月19日
 いまは亡き立川談志さんが地方で務めた高座で、事は起きた。「やってられるか」。名人芸に満座がどかんと沸く中、談志さんが仏頂面で座布団から立った。最前の客が1人舟をこいでいる。客はつまみ出された。
 産経ニュース記事
 http://www.sankei.com/life/news/170319/lif1703190009-n2.html



オール電化厨房でハサップに対応 A型で障害者らが1日1100食のお弁当
 東京オリンピック・パラリンピックに向けて制度化される予定の食品衛生管理の国際基準HACCP(ハサップ)。長崎県雲仙市の障害者就労継続支援A型事業所「味彩花」(社会福祉法人南高愛隣会)は5年前、衛生面の強化と働く環境を整えるために大型設備を導入し、オール電化厨房に建て替えた。1日平均1100食のお弁当などを、安全性はもちろん手作りと地元の自然素材にこだわり作っている。
 福祉新聞記事
 http://www.fukushishimbun.co.jp/topics/16085